出初式

旧年中のご芳情を厚くお礼申し上げますとともに、
本年も変わらぬご厚誼の程、お願い申し上げます。

平成27年元旦

公益社団法人 相模原市防災協会
理事長 八木 繁雄

 

 

会員向けバナー第23回自衛消防隊消火競技会2

今年も10月16日(木)に、自衛消防隊消火競技会を開催します。
自衛消防隊消火競技会とは、相模原市防災協会会員事業所の自衛消防隊の消火技術を競う大会となります。

 月日:平成26年10月16日(木)

 時間:9:00 ~ 13:30

 場所:淵野辺公園隣接地

 ※荒天の場合は、当日午前7:00に決定しますので、当協会にお問い合わせください。

防災マイスター派遣申請方法

防災マイスター派遣申請書

防災マイスター活動報告書

3月 24th, 2014

消防法改正

利用者の安全を守るため 消防法が強化されました
(平成27年4月1日施行)-スプリンクラー設備及び自動火災報知設備の
設置に関する基準の見直し(概要)-

認知症高齢者グループホームやホテル等で相次いだ火災を受けて、スプリンクラー設備及び自動火災報知設備の設置基準の見直しや消防機関へ通報する火災報知設備と自動火災報知設備の連動の義務化などに関し、消防法令が改正され、平成27年4月1日から施行されます。

More

3月 24th, 2014

平成25年救急概要

平成25年中の救急概要
◎救急出場件数は33,688件、前年比1,470件増
◎搬送人員は30,393人、前年比1,003人増
いづれも過去最多となりました。

急病が6割を超える
事故種別では、急病が20,944件(前年比939件増)で約62%を占め、次いで一般負傷が4,283件(前年比209件増)、交通事故が3,101件(前年比74件減)の順となっています。
1日平均92件、約15.6分に1回の割合で救急隊が出場したこととなり、市民の約21人に1人が救急車を要請したことになります。
入院を必要としない軽症者は15,356人(前年比235人減)で、昨年より減少しましたが、搬送人員のうち約50.5%と、半数以上を占めています。
救急車は限りある資源です。「交通手段が無いから」「便利だから」などの理由で利用すると、いざという時に、本当に必要な人のもとへ、いち早く救急車が駆けつけることができなくなります。救急車の適切な利用方法について、考えてみてください。