社会福祉施設等防火実務研修会を実施しました

7月 14th, 2015

社会福祉施設等防火実務研修会を実施しました

講習・研修, by 防災協会.

平成27年5月15日及び6月23日に、相模原市体育館(相模原市中央区富士見)にて、社会福祉施設や有床診療所等の関係者を対象にした、防火実務研修会を開催しました。 近年、社会福祉施設や有床診療所において多数の死傷者を伴う火災が発生し、防火安全対策の強化が求められていることを考慮し、それらの施設の職員の方に非常時の対応を学んでいただく研修会として、50名の参加をいただきました。 研修会では、まず初めに会場内のスクリーンを使用して、社会福祉施設や有床診療所で、実際に起きた火災の状況を踏まえた防火に関する講義を行いました。 27実務研修会6

次に、緊急時に入居者、入院患者などを避難させる際の搬送方法の訓練を行いました。ひもやベルト、バッグ、毛布、シーツなどを使用し、平地または階段などで迅速に搬送を行う方法をペアを組んで実施しました。 27実務研修会2

その後は3班に分かれて、救命講習用の訓練人形を使用し、胸骨圧迫、AEDの使用方法の訓練を行いました。

27実務研修会3

 

最後は、体育館内舞台上に設置された施設のセットを利用し、深夜の施設における火災対応訓練を行いました。 深夜の施設において、一人で当直を行っている際に施設内(リネン庫)から出火。火災報知設備の鳴動により当直職員が出火を確認し、入居者の避難誘導を行うという想定です。防災協会の職員が一回訓練展示を行った後、実際に参加者の皆様に参加していただき訓練を行いました。 27実務研修会4 ご参加いただいた皆様には、「社会福祉施設等防火実務研修会修了証」をお渡しし、研修会は終了となりました。 ご参加いただいた皆様におかれましては、大変ご多忙の中ご参加ありがとうございました。

Back Top