今年度も市内の小学生を対象に防火ポスターコンクールが開催されました。
今年は51校から425点もの出展をいただき、審査の結果、最優秀賞1点、優秀賞(学年賞)6点、入選34点が選ばれました。

最優秀賞の作品は、防火ポスターとして、秋季火災予防運動の時期に合わせて、市内の事業所や学校、神奈川中央交通バスの車内などに掲示していただき、火災予防のPRに活用しております。

コンクールの結果は、以下のとおりになります。

《最優秀賞》
相模原市立横山小学校 4年  橋本 千晴 さん

《優秀賞(学年賞)》

2022年度防火ポスターコンクールの結果

多数のご応募、ありがとうございました。

相模原市防災協会が、相模女子大学・相模原市消防局との連携し、デザイン防火衣を制作しました。
今後、イベント開催時に、試着体験も出来ますのでぜひ遊びに来てください!

令和4年度自衛消防隊消火競技会の開催を中止いたします
詳しくは、下記お知らせをご覧ください

お知らせ

令和4年6月28日(火)、相模原市民会館において、公益社団法人相模原市防災協会設立25周年記念式典を開催いたしました。

本村市長を始めとして、多数のご来賓をお招きし、市内関係団体、市消防局など、約40名のみなさまにご出席いただきました。

式典では、当協会の運営等にご尽力をいただいた方々5名を功労者表彰、また、事業所の災害防止に万全を期し、多年にわたり施設の安全管理と社員の保安教育に努め、災害防止にご尽力をいただいた19事業所及び個人5名に、それぞれ優良事業所表彰及び優良個人表彰をいたしました。

式典での、大谷理事長のごあいさつを掲載させていただきます。

 

 ごあいさつ

公益社団法人相模原市防災協会 理事長 大谷 新一郎  

相模原市防災協会は、平成9年の設立以来、本年で25周年を迎えることとなりました。

その前身は相模原市防災協議会であり、社団法人として順調に充実発展を遂げ、平成24年4月1日からは公益社団法人に移行し、よち公益的な法人として、火災、地震等の災害から市民生活を守るため、市民の皆さまや事業所関係者の防災に係る意識、知識及び行動力の向上を図るとともに、防災体制の強化促進に資する事業を行うなど、「災害に強いまちづくり」に寄与することを目的として活動してまいりました。

この25年を顧みますと、国内外を問わず大規模な災害が多発し、甚大な被害が発生しております。また、新型コロナウィルスによるパンデミックが発生するなど、多様化する災害への備えはますます重要となっており、当協会の担う使命の重さを深く認識するところであります。

今後も地域に密着した公益性の高い事業を展開し、市民・事業所・行政が連携して「災害に強いまちづくり」を推進していけるよう、会員一同一致団結して取り組んでまいりますので、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

公益社団法人相模原市防災協会表彰 被表彰者名簿(敬称略)

令和4年度の社員総会が開かれ、令和3年度事業報告及び決算並びに役員の選任について審議されました。

令和4年度総会議事録